まるでシャボン日記

アラフィフぼっち女の悲喜こもごも

大倉忠義さんの叫びに慟哭。『夜への長い旅路』を観た

シアター・コクーンで上演中の『夜への長い旅路』。

ユージン・オニールの作品、大竹しのぶさんが主演ということで、観たくて観たくて、頑張ってチケットをとり、行ってきた。

 

www.bunkamura.co.jp

 

※以下、ネタバレあり

 

まずは、本当に、暗い舞台だ。

灯りも音も暗く、悲惨さが際立った演出。

セリフも長く、苦しく、途中、逃げ出したくなる衝動をおぼえるほどだった。

 

しかし、良かった。

本当に、観て良かったと思える舞台だった。

 

あらすじはシンプルだ。

薬物中毒の母、金の亡者の父、放蕩を繰り返す兄、結核を患った弟。

この4人の家族が、朝からずっとリビングで、噛み合わない会話を続ける。

そして、夜がやってくる・・・というだけの話。

 

しかし、そこから、この4人の孤独が、くっきりと浮かび上がってくる。

特に、大竹しのぶさん演じる母の孤独には、もう誰も手を差し伸べられない絶望に至っていることがわかる。

その強烈な絶望がのしかかってくる感じは、やはり大竹しのぶさんの演技の力が大きかっただろうと思う。

 

60歳を過ぎて、リウマチで手が変形し、太ってしまい、醜い容姿になったと嘆く母・メアリー。

「もっと美しい手をしていたのに」となんども繰り返す。

「美しい手で、ピアニストを目指していたのに」と。

そして、結婚生活がうまくいっていなかったこと、子どもを一人失くしたこと、自殺未遂をしたこと、療養したのに薬をやめられないこと・・・狂っていった過程がだんだんと明らかにされていく。

 

歳をとった女性の狂気は、テネシー・ウィリアムズやチエーホフなんかにもよく出てくるけれど、若い娘と歳をとった女の「社会的価値」の差って、改めて残酷なものだと感じる。

ただ歳をとるというだけで、女は追い詰まってしまうのだ。

男性だと、若い男と歳をとった男にそこまでの差はないような気がする(ロマンスグレーとかいうし)。

アラフィフになった今、そんなことも身につまされた。

 

大倉忠義さん演じる長男・ジェイミーは、人生にやる気がなく、呑んだくれているだけの男。

けれど、それは、期待したりされたり、そして、それを裏切ったり裏切られたりしてきたことへの疲れ、のようなものなのだとわかる。

長男だけに、家族への理想も高くなって、期待も大きくなってしまうのだ(私も長女だからよくわかる)。

母にはこうあってほしい、父にはこうあってほしい。子どもは子どもで、理想の親を求めてしまう。

 

最後に、ジェイミーは泣き叫ぶ。

「今度こそ、今度こそ良くなったと思ったのに・・・ママ!」(記憶から書いてます)

母の狂気に絶望した息子の叫びが、虚しく劇場に響きわたった時、彼の嘆きの深さを思い知らされた。

大倉忠義さんて、抑えた、ぶっきらぼうのような演技だけれど、名優なんだと気づいた瞬間だった。

 

彼らは、なぜまだ家族でいようとするのだろう。

なぜ誰も家から出て行こうとしないのだろう。

 

くしくも、結核を患った弟のエドマンドは、療養所へ行くことになる(はずだ)。

けれど、それも、父親の金で入れてもらうしかなく、ひどい場所だと暗示されている。

 

なぜ、彼らは自立しないのか?

それが一番の彼らの絶望であるのに。

 

翻って、今は、コロナ禍。

家族でいるしかない時間が増えた。

この作品をやろうと決めたのが、いつなのかはわからないが、今やることに、きっと意味があったのだろうと思う。

 

家族でいること、家族で支え合うこと、家族に期待すること・・・

それはいいことばかりではないのかもしれない。

そして、家族=素晴らしい、という価値観も疑ってみなければならないのかもしれない。

少なくとも、「家族が苦しい」ということがある。

そして、それは、誰かが悪いというわけですらないのだ。

 

私の中で回答はないけれど、「家族」が浮き彫りになったコロナ禍で、「家族」のあり方を見つめ直す、大きな機会になった演劇だった。

 

こちらは、観劇前に食べた、タイ・ランチ@渋谷道玄坂

 

f:id:ozamasan:20210620154909j:plain

チャオタイさんのトムヤムクンのフォー

 

かなり好みの味で、スープまで完食してしまった。

ああ〜、またタイに行きたい!

 

「チャオタイ 渋谷道玄坂店」

tabelog.com

 

 ☆参加中です☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

アラフィフ、ゲッターズ飯田さんに従ってみる

「占いを使う」っていう考え方があるのを知ったのは、脚本家で占い師の中園ミホさんのインタビュー記事だったと思う。

彼女は占いを使って、自分のキャリアや人生を設計したと言っていた。

 

私はといえば、本来、あんまり占いとかスピリチュアルとかを信じていない方だ。

海とか宇宙とかは好きだし、癒されるし、自然の力も感じるけど、そのパワーがいきなり自分の運勢に影響するとかは、あまり感覚としてない。

なので、占いの先生とはお仕事はしてきたけど、たいがいの先生に「あなた全然信じてないでしょ」と見透かされてしまってきた。

 

そんな私なのだが、今年はこの本を自腹で買った。

 

 

ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」、タイプ別に出ている年度版の本。

 

この本は、使える。

初めて、「占いを使う」という感覚が分かった。

 

占いというのは大概そうだが、この本も、バイオリズム=今年はこういう年で、来年はこうで、5年後が絶好調で・・・みたいなことを教えてくれる。

そして、ゲッターズさんは、そのバイオリズムに合わせて、明確に、「ここまでにこういうことをやるといいですよ」「今月はこれ」「今日はこれ」と、年、月、日、でやったほうがいいことを具体的にアドバイスをしてくれる。

 

これが中年女(私)にヒットした。

子もなく、夫もないとなると、いかんせんライフイベントが少ない。

いや、子どもがいてもかな。

中年以降は、マイペースにもなるし、あんまり動かなくもなってくるし、自分で作らないとイベントがないのだ。

 

それに、あんまりアドバイスしてくれる人もいなくなる。

「もう言っても無駄」と思われているのか(笑)、ああしろ、こうしろと、口うるさく言ってくれる先輩などがいないのだ。

ゲッターズさんの本には、「今日はこういう失敗に気をつけて」「これをしてみた方がいい」と、毎日やることミッションをくれるのが心地よい。

 

たとえば、今月、私はセカンドハウスを借りたのだが、それはゲッターズさんが、引っ越しするなら6月までに、とアドバイスしていたからだ。

もしこれがなかったら、私は多分、いい部屋が見つからないとか、まあ別に今のままで通りでもいっか、とかぐだぐだして、結局部屋を借りていなかったかもしれない。

というか、絶対に借りていないだろう。

 

現状で満足しがちなところのある私は、ともすると、仕事して友達と飲んで、、ってしているうちに1年が終わっていたりする。

行動力がないのだ。

ゲッターズさんは、人を幸せにするのは、行動しかない、と言っている。

確かに、なにもしないとただ、暗黒の闇に落ちていくだけだ。

たとえ、行動の先に、自分が期待したものがなかったとしても、動かないよりは動いた方がその時間を豊かに生きることができるのだと思う。

 

ということで、今年は少しは行動的に生きることができている(コロナ禍なりに)。

そうすると、やっぱり気分がさっぱりしているところがある。

うじうじしないで済んでいる。やることがあるって素晴らしい。

 

占いは信じてなくても、使えばいい。

結構、発見だった。

 

↓自分のタイプなどを知りたい場合はこちらから

sp.gettersiida.net

 

そして、鼻パンで自腹で買ったなどと書いたが、なんとこの本、1冊1000円。

それで1年分のアドバイスが手に入るなんて、かなりお得かと。

 

今は、もう少し割引?されているのかも?

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

アラフィフの子ども部屋だって素敵にしたい!写真パネルWALL DECORを作ってみた

アラフィフにして子ども部屋の住人だが、それでもお部屋は少しでも素敵にしたい。

ということで、せっかく壁紙ブルーなのに殺風景だった部屋の壁に、なにか飾ろうと思い立ち、写真パネルを注文してみた。

 

頼んだのは、富士フイルムのウォールデコというサービス。

自分の写真をおしゃれなパネルにしてくれるものだ。

(ちなみに、まったくPRなどではなく、自腹買いです)

 

fujifilmmall.jp

 

まずは、こちらをどうぞ!

f:id:ozamasan:20210618144656j:plain

富士フイルム ウォールデコ

ジャーン! どうだろうか。

ちょっと棚の上がごちゃついているが、いい感じになった気がする。

 

この写真は、ハワイにひとり旅に出かけたときに、ミラーレスで撮ったもの。

「ハワイ三部作」などと言いたくなるような、素人写真とは思えない(?)パネルになったと思う。(←自画自賛

なかなかの高級感。

そして、なんか、いくつか飾れば、なんとかなるもの。

ちょっとしたアートに見えるもんである。(←また自画自賛

 

注文は、ホームページから、ネットだけで完結できる。

自分のパソコンから写真データをアップして、仕上がりやサイズを選んでポチするだけ(多分、スマホからもできるはずだし、スマホの写真でもできるはず)。

待つこと2週間足らずで自宅に届く。

 

仕上がりは、光沢のあるものやマットなものなど、いくつかパターンがあるからよく考えて発注した方がいい。

私は、まずは初めてだし、スタンダードに「casual(カジュアル)」という仕様の「標準」仕上げにしたが、やっぱりキャンバス仕上げにすればよかったなあ、とか迷ってしまった。

オーダーメイドなので、後から変更はできないようなので、納得した上でポチった方がいい。

結果的には満足のいく仕上がりだったので、良かったけど。

仕上がりを直接みられないのは、ネットの欠点。

富士フイルムのお店からも注文できるようなので、もしかしたら、店舗では仕上がりを見られるのかもしれない。

 

お値段はそこそこする。

今回頼んだのは、A3スクエアサイズ(30㎝角)というやつで、1枚5000円くらい。

う〜ん、どうだろう。3枚だとまあまあ思い切った価格かもしれない。

今回は、割引で全部で1万円くらいにはなったので、お値段以上に思った。

もう少し小さなサイズならかなりリーズナブルなのだが、インテリアとして飾るなら、このくらいのサイズはあった方がインパクトがあっていい気がする。

 

壁への取り付け方は簡単。

押しピンに、パネル裏の穴を引っ掛けるだけ。

賃貸でも、もちろん問題なし。

  

f:id:ozamasan:20210618182743j:plain

パネル裏の穴に、ピンを引っ掛けるだけ

 非常に軽いので、ピンがしっかりついていれば、落ちるようなことはなさそうだし、落ちても軽いから怪我はしないだろうと思われる。

(キャンバス仕上げとかは少し重くなるのかもだけど)

 

それにしても、ちょっと寂しげな写真だったかな〜という気もする。

ノスタルジックなハワイ、っていうのがおしゃれでいいかな、と思ったのだけど、ちょ〜っと、ひとり旅の孤独感が出ちゃってるような・・・

まあ、でも、癒される風景だし、いいかな。

今度は少しカラフルなものにしてみたい気もする。 

 

などと、次はどんなパネルをどこに飾ろう、と考えてしまっている自分がいる。

また旅に出るときには、パネルにできそうな写真のシャッターチャンスを狙ってしまいそうだ。

 

楽しみが一つ増えた。

大満足の買い物だった。

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

アラフィフ、更年期障害に立ち向かう

相変わらず更年期障害に苦しんでいる。

火照りに動悸、手の痺れに、肌と髪の乾燥・・・

次から次へと何者かに攻撃されているかのようだ。

 

2年くらいは、プレマリンデュファストンというホルモン剤治療を続けていた。

この薬を飲むと、ホットフラッシュはほぼ治るし、動悸もなくなる。

だが、生理は来てしまう。それがどうも不満だった。

 

生理から解放されたい!

 

けど、更年期障害と天秤にかけて、どうするか?が課題だ。

 

というわけで、2年続けてきたホルモン治療だけど、セカンドオピニオンも欲しくて、病院を変えてみた。

 

前に通っていた病院は、会社の近くで、ひどい症状に耐えられずに駆け込んだところだった。

更年期専門というわけではなかったので、今度は更年期を専門にみてもらえる病院を探した。

 

探した病院は、更年期を専門に見てくれる女性の先生がいるところ。

丁寧に症状と治療の希望を聞いてくれて、生理が来ない投薬方法や貼り薬、漢方など、いろいろオプションがあることも教えてくれた。

ただ、あながち今までの薬が悪いわけではなく、私の場合、結局は今まで通りの治療にはなるかも、とのこと。

まあ、そうか。

 

ホルモン治療すれば生理が来るし、しなきゃホットフラッシュがくるし。。

 

もう対処療法で常に冷えピタ貼ってればいいのかな。。

しかし寒すぎて震える時あるしな。。

 

同級生たちに聞くと、ほとんどの人はあんまり更年期障害の症状は出ていないみたい。

たまに、ホットフラッシュかなあ、程度だって。うらやましい。

私はとことん子宮ちゃんと相性が悪いらしい。。

 

もっと大きな病気の人に比べれば耐えられなくもない、と思ったりもするし、重い病気と戦っている人には申し訳ないような気もするのだけど、やっぱりQOL(人生の質)も大切だと思う。

快適に更年期を過ごせるように、模索したい。

 

どんな治療になるかはまだ未定だけど、今度の先生は話し合えそうなので、相談しながらやっていこうと思う。

 

思えば20代の頃、婦人科でもお医者さんは男性ばかりだった。

今は女性が増えて、婦人科へ行くのもすごく楽になった。

ほんと、時代はどんどん良くなってる!

 

……閑話休題

コロナで指輪ができなくなったので、ネイルで遊んでいる。

インスタでよく広告が出てくるohora を試してみた。

おうちでできるジェルネイルキット。

シール状の半生?のジェルを貼って、ランプで硬化させるというもの。

 

f:id:ozamasan:20210616114059j:image

 

このシール状のチップを貼り、ランプで硬化させる。

 

f:id:ozamasan:20210616214324j:plain

Ohora 硬化したところ

不器用な私でも、そこそこの仕上がり。どうでしょ?

 

 

気分上げていかなきゃね。

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

辻仁成「父ちゃんの料理教室」vs 母の味

換気扇の掃除に来てもらったら、業者の方に「揚げ物よくされますよねー」と言われた。

母は、「ああ、まあ、そうですねえ」などと答えていたが、いや、多い。すごく多い。

お母さん、あなたの料理は揚げ物が多すぎます。

夜の11過ぎに帰宅すると、トンカツやメンチカツや唐揚げが待っていることが、多々ある。

そんな時間から、中年女が食べるものではないが、せっかく作ってくれたものを食べないわけにはいかず、しぶしぶ食べる羽目になる。もちろん、胃にもたれる。

なんども、揚げ物はやめて欲しい、とお伝えしているが、そうすると何を作ったらいいのかわからないらしく、結局揚げ物になった、などと言って、おかまいなしに出てくる。

いい加減にして欲しい、まじで。

 

そんなことを思いながら、辻仁成さんの新刊を読んだ。

f:id:ozamasan:20210613181530j:plain

辻仁成「父ちゃんの料理教室」

辻仁成さんは、パリで息子さんと二人暮らし。

子どもの頃から作ってあげていたレシピを、息子さんに伝授するという形で書かれたお料理エッセイだ。

 

コロナ第一派の頃、辻さんのTwitterやブログをよくみていた。

パリのロックダウン下で、17歳の息子さんと仲良く、時に喧嘩したりしながら、頑張っていることを伝えてくれて、ステイホームの間、元気をもらっていた。

 

特に好きだったエピソードは、これ。

www.designstoriesinc.com

子どもの友達が遊びにくるというので、ショートケーキを作るという話。

子どもたちはもう大きくなってしまって小さな子どもではないんだけど、張り切って小さい頃に喜んでくれたケーキを作ってあげる父ちゃんが、なんとも切なくて可愛くて、癒されるエピソードだった。

 

この本のあとがきには、シングルファーザーになった時のことが綴られている。

息子も自分も絶望して、あまり食べられなかったこと、胃潰瘍になってしまったこと、息子は夜な夜な涙でぬいぐるみをびしょ濡れにしていたこと・・・。

そんな中で、とにかく食べなくては、と料理をし続けたという。

家族を壊さないために。

 

そして、辻さんは、息子さんにお料理を伝授して、自分でしっかり食べれる人になって欲しいと思っているようで、普段から手伝わせたりもしているらしい。

 

うちの母は違う。

母は、どちらかというと、私が料理をするのは好きではないし、手伝っても文句を言われることが多い。

子どもの頃、ジャガイモを剥いたら、「あなたが剥くとジャガイモがかわいそう(皮が厚過ぎ)」と言われた。以来、あまり料理をしなくなった。

実は嫌いじゃないので、たまにはするのだけれど、大概文句を言われて、あまり美味しくないというので、基本的には台所には入らない。

 

女親にとって、料理はマウンティングの道具なのだと思う。

実の娘にもそうなのだから、お嫁さんなんかにはもっとひどい態度になる人も当然いそうだ。

忙しくて料理は面倒と言いながら、マウンティングの材料にもなるという・・・料理は、女にとって、単に料理という以上の意味があり、結構ややこしいものであったりもする。

 

男同士はそんな変なマウンティングがなくていいな、と思う。

なんだか美しいのだ。それが羨ましかった。

 

生きるために食べよう。

誰かに喜んでもらおう。

料理なんて難しくない。

作ることは楽しいこと。

 

そんなシンプルな、料理への思いが伝わってくる。

こんなお父ちゃんに育てられて、良かったんじゃないかな、息子さん。

(ま、もちろん、いろいろあったでしょうけど)。

 

とはいえ、私も、母が亡くなったりしたら、きっと、トンカツを思い出すんだと思う。

やっぱり、あのトンカツが食べたいなー、なんて思うんだろう。

それで、夜中に突然トンカツ揚げたりしそうだ。

 

本には、美味しそうなレシピも満載!

パリで日本人が作る家庭料理だから、昔ながらの洋食系や、アジアン料理を和っぽくしたものなど、どれも作りやすそう。

私も父ちゃんに習いながら、一個一個作ってみるつもり(母の目を盗んで)。

 

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

一人で生きたいわけじゃないんだけど・・・#大豆田とわ子と三人の元夫

あと1話で終わりなのか。『大豆田とわ子と三人の元夫』。

 

9話では、オダギリジュー演じる新たな夫候補がついにプロポースして・・・なのだが、とわ子はやっぱり彼との結婚を選ばない。

あんなにときめいた、好きな相手で、望みはすべて叶えられそうなのに。なのに。

 

どうしてだろう?

 

寂しいのはやなんだよね。

ひとりぼっちは嫌なんだよね。

 

自分で生きていきたいんだよね。

自分で好きだと思える自分でいたいんだよね。

 

どっちもあって、どっちもほんとで、それが、どうしても両立しない。

それで、どうしても、なぜか、いつも、一人になってしまう。

 

f:id:ozamasan:20210612172015j:plain

「一人で生きたいわけじゃない」

 

パラレルワールドの向こう側では、いつだって、あったはずの夢がある。

結婚して、子どもがいて、喧嘩したり病気したり、いろんなことがあっても、ずっと家族でいる世界。

 

得られなかった世界。

あったはずのもう一つの世界。

 

アラフィフにもなると、あったはずの今が身につまされる。

あの時ああしてたら、あの時こうしてたら、違う世界に今いるだろう、と。

 

けれど、もう時は戻せない。

起こったことは消せない。

 

どうして離婚しちゃったんだろう。

どうして彼と別れちゃったんだろう。

 

私にもいろんなどうしてがあるけれど、新しい王子様の隣で笑いを消した、とわ子のあの顔がその答えだったような気がする。

 

違うんだ。

それは違うんだよね。

違うんだよ。

 

憧れの建物に、住みたいんじゃない。

憧れの建物を、作ってみたいんだ。

 

かごめを、失くした友達を忘れて、逃げてしまいたいんじゃない。

彼女を、彼女の死を抱えて、人生を一緒に生きていきたいんだ。

 

9話の最後、とわ子は、松田龍平演じる八作に、「(かごめと)3人で生きていこうよ」と言う。

八作はかごめが好きで、とわ子は八作が好きで、それで、「3人で生きていこうよ」。

 

それしかない、ってこともある。

みんな、ひとりぼっちだけど、どうしようもない。

 

最終話、とわ子はどうなるんだろう?

どうするんだろう?

 

それにしても、もう最終話だなんて。

ずっとずっと、私と一緒に、どうしようもない人生を歩いてほしいよ、永遠に。

 

シナリオ本が出てるみたいなので、買わなくっちゃ!

 

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

無印良品でお買い物:お部屋プチ改造編

子ども部屋暮らしであることは、先日書いた。

 

そんな子ども部屋だけど、テレワークも増えたし、ステイホームも長いということで、気になるところがちらほら。

少しでも居心地よくしたいなあ・・・ということで、向かったのは、無印良品

なかなか満足のいくお買い物ができたので、ご報告。

 

まずは、ずっと気になっていたベッドカバー。

母のお仕着せ(?)のままの布団カバーを使っていたのだが、ダサいよなあ、、と思いながら使っていた。

これを白くしたくて、カバーを買ってみた。

 

f:id:ozamasan:20210607205645j:plain

ごちゃっとした印象がスッキリ


どうだろう? かなりスッキリしたと思う。

ベッドは面積が大きいだけに、布一枚でかなり印象が変わる。

 

購入したのは、こちらの商品。

 

 

肌触りが良いのも気に入って、このままかけっぱなしで寝ている。

 

そして、もうひとつ、気になっていたのが、アクセサリーの整理。

ネックレスをわりと色々と持っているのだが、ごちゃごちゃと掛けていたので、しょっちゅう絡まってしまい、イライラの原因に。

ずっと迷っていた、無印のアクリルケースを導入したら、スッキリ。

なんでもっと早く買わなかったのだろうかと悔やんだほど。

f:id:ozamasan:20210607211436j:plain

スッキリきれいに収まった

こちらは、お値段見直しになったようで、なんと2000円ほど! 安すぎる。

小さいことだけど、気になっていたことを解決すると気分がよい。

そして、そんな小さな幸せをくれるところが、”無印良品”な感じがするのだった。

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村