まるでシャボン日記

アラフィフぼっち女の悲喜こもごも

アラフィフと老後問題と加山雄三さん

加山雄三さんが「徹子の部屋」に出ていた。

敬老の日スペシャルだったのかな。

御年84歳だそう。

 

奥様の松本めぐみさんとの若いころの写真は、それはそれはイケてるお二人がキラキラと写っていた。

そして今の写真・・・ある意味、全く変わっていないように見えた。

もちろん、年齢は重ねていらっしゃるのだけど、雰囲気が変わっていない。

すごくかっこいい!のだ。

やりたいことを思い切りやって人生を楽しんだ、そして今もなお充実した人生を送っていることがわかる写真だった。

 

お子さんは4人いるそうだけど、みんな(当然だけど)もう独立している。

それで、なんと、加山雄三さんご夫妻は、最近、住み慣れた豪邸を引き払って、夫婦でケアつき老人ホームに入ったんだそう。

 

結構びっくりした。

子どもが4人もいたら、誰かに面倒を見てもらおうと考える人が多そうなのに、そうすることはせずに、自らホームに入る選択をするとは。

できそうでできないことだと思う。

 

もちろん、経済的にも世間的にも恵まれた人だからできるのだ、と言えるのかもしれない。

けれど、子どもがいるのにホームに入るなんて!と思う人も、日本人にはまだまだ少なくない中で、あっさりとホームに入るというのは、やっぱり相当さばけた人だと思う。

実際、自宅のものをほとんど処分したというけれど、自分でそれができる老人がどれだけいるだろうか。

ものに執着がないし、何にも依存していないんだな、と感心してしまった。

 

私の母などは、いまだに老人ホームを姥捨山みたいに思っているし、自分の家を離れることにかなり抵抗感がありそうだ。

面倒は、娘である私が見てくれると信じて疑っていない。

そして、その依存が重くて、娘(私)の方は逃げたくてたまらない。

依存することで人を遠ざけてしまう、典型的な寂しい老人になってしまったな、と愕然とする(すでに父が他界したこともあるとは思うけれど)。

 

毒親」なんて呼び方はしたくないけれど、夫、子どもへの依存を断ち切って、家への執着も断ち切って自立できない老人は、返って孤独になるだろうという気がする。

子どもなんか頼りにするから、精神を病むのじゃないだろうか。

最初から、頼りにしないほうがよっぽど楽なんじゃないかな、お互いに。

 

どちらにしても、子どものない私は、体が弱り始めるであろう70歳くらいでケアつきホームへ入所するつもりでいる。というか、それしかないだろう。

お金の不安はあるけれど、まあ、その時にある全財産で入れるホームに入れてもらうしかないんじゃないかなと思っている。

 

f:id:ozamasan:20210922231640j:plain

今年初めてのかき氷

本当に久しぶりに少しだけ友人とおしゃべり。

歳をとって大切なのは、家族より友人かもしれないな、と思ったりする。

一緒に老人ホームに入ろうね、、と言い合う私たちであった・・・。

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

 

 

アラフィフ、セカンドハウスをしつらえるー購入品レビューその1「popIn Aladdin SE」

セカンドハウスに揃えたものを使ってみているので、レビューをしようと思う。

 

まずは、こちら「popIn Aladdin SE」。

f:id:ozamasan:20210918145814j:plain

popIn Aladdin SE

最近、プロジェクター市場が花盛り。もうテレビはいらない時代なのかな。

私も、ほとんど地上波ではなく、prime videoなどのサブスクの動画かyoutubeばかり観るようになったので、セカンドハウスにはテレビは導入しないことにした(NHK受信料ももったいないし)。

 

それで、プロジェクターを色々と検討した。

Nebulaなどの置き型も考えたのだが、サブスク系の動画サービスの視聴ができて、手頃な値段、シーリングライトにもなるpopIn Aladdinにすることに。

部屋はそこそこ広いので、廉価版のSEで問題なさそう、ということで、キャンペーンで5万円台で購入した。

ライトになることを考えれば、とにかくコスパがいい!

 

そして、これ、取り付けが超簡単!

いわゆるシーリングライトの仕様なので、だいたいどんなお家でもつけられるはず。

脚立さえあれば、説明書に従ってカチカチっとすればいいだけなので、女性でも簡単に取り付け可能。

設定も、ほぼいらずにprime videoやNetflixYoutubeなどにアクセスできて、届いてからものの30分もかからずに視聴することができた。

 

逆にイマイチだったところは、SEだから仕方ないのだが、画面が思ったより小さかったこと。

だいたいうちは投影口から投射場所の窓まで2mくらいはあるのだが、少し斜めにしなければならなかったので、若干斜めにしたところ(ちなみに、向きを変えるには、手動でpopIn Aladdinを物理的に回す)、画像も斜めになるので調整が必要になり、その分も全体の画面が小さくなった。

それでも70インチ以上はあるのだけれど、やっぱり映画をプロジェクターで楽しむなら、100インチくらいあったほうがシアター感があると思う。

それと、映写位置がかなり上の方になってしまった。結構見上げる感じ。映画館ぽくはあるけど・・・。ちょっと高いかな〜、という感じ。

 

なので、「投影場所まで2mくらいあればSEでOK」という口コミもあるけれど、ドーンと大きい画面で、目線の高さに合わせて観たいのであれば、やっぱりpopIn Aladdin 2を選択する方がいいかもしれないと思った(といって、2を使ったことはないので、なんとも言えないけど)。

とはいえ、値段差が4万円くらいあるので、そこはお財布と相談かな。

 

画面の鮮明さや色については、夜観るぶんには全く問題ない。

というか、非常にキレイで大満足。

ただ、昼間の明るい時間は白っぽくなってしまう。遮光カーテンで真っ暗にすれば大丈夫だとは思う。

 

スクリーンは、ネットで評判のいいニトリのロールスクリーンの裏側。

これもややたわむので、気になる人は少し気になるかも。

 

f:id:ozamasan:20210918215330j:plain

PopIn Aladdin SEでニトリカーテンに投射

下の方、少したわんでいるのがわかるだろうか。

 

と、完璧ではないけど、すごく満足している。

映画が大好きなので、スクリーンに映っている感じがたまらなく良い。

プライベートシアターがこんなに手軽に手に入るなんて、ほんと、いい時代になった。

(昔は、大金持ちしかシアタールームなんて持てなかったものだ・・・しみじみ)

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

 

アラフィフの口内環境は・・・歯のメンテナンスへ

思い立って歯科検診を受けてからというもの、

虫歯の治療はもちろん、親知らずを抜いたり、クリーニングをしてもらったり、ブラッシング指導を受けたりと、口内環境美化に努めてきた。

かなり自分的には歯の健康には自信がついてきた。

 

そして、3ヶ月ぶりに定期検診とクリーニングへ。

最初にクリーニングを受けた時は、歯茎がかなり痛かったが、3回目の今回はほとんど痛くなくなり、だいぶん状態が良いと褒めていただいた。

 

と、いい気になっていたところに、

歯垢を顕微鏡でみてみていいですか?」

と歯科衛生士さん。

「あ? あ、はい」

と、気軽にOKして数分待っていると、歯科衛生士さんがタブレットを片手に戻ってきた。

「う〜ん、少し多いですかね〜」と、衛生士さんがタブレットの動画を見せる。

え? なんですか、この沼の水みたいな顕微鏡画像は?

なんかミトコンドリアみたいなのがウニョウニョしていますが・・?

こ、これ、私の口の中〜!?

 

「う〜ん、まあ歯周病菌はいないようですが、あ、歯周病菌がいると、こうなんていうんですかねミミズみたいなにょろっとしたのがねーいたりするんですけど、そういうのはいないんですけどね、この小さく動いているのね、運動性桿菌っていうんですけど、ちょっと多いですかね〜」

 

いや〜、CMで見るような菌が、自分の口の中にいるとは・・・! これは怖かった。

もちろん、その日から私の歯磨きへの熱意は爆上がりした。

時々サボってしまっていたランチ後の歯磨きがマストになり、夜の歯磨き時間は倍になり、もちろん歯間ブラシ、リステリン的なものも追加されたのだった。

 

それにしても、アラフィフともなると、自分の体メンテがどうしても必要になる。

若い頃はなにもしなくてもどうにかなっていたのに・・・と嘆きたくもなるけど、

自分の体をメンテするということを楽しむのもいいと思う。

 

実際、歯磨きは裏切らない。

がんばって磨けば、歯茎はピンク色になってくる。

 

自分をいたわることが、若い頃より大切になってくるんだな、と実感している。

f:id:ozamasan:20210916234056j:plain

パックス ソルティ はみがき

愛用の歯磨き粉。

糖分が入っていないので、虫歯ができにくくなった気がする。

泡泡にならず、クレンザー?みたいな感じで磨けるのが気に入っている。

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

 

セカンドハウスのために、とりあえず買ったもの

セカンドハウスに、色々と揃えていっている。

 

一人暮らしは10年ほど、二人暮らしは5年ほど、そして出戻り子ども部屋暮らしが10年ほどの私。

一人暮らしの時は、実は、ほとんどなにも買わずに済ませた。

お金がなかったというのが正直なところだけれど、ベッドやらデスクやら、食器やらは、ほとんど実家から持ち込んだし、家電は友達から古いものをゆずってもらったりして、ほぼもらいもの。

それはそれでありがたかったが、まあ、部屋は混沌としていた。

仕事人間だったので、寝に帰るだけだったし、それでもよかった。

綾波レイかっ、というくらいに、飾り気のない部屋だった。

 

そして、二人暮らしの時は、意見が合わなかった記憶しかない・・・悲

 

今回は、私だけのセカンドハウスで、私らしい暮らしを作ろうというコンセプト(ってほどのことでもないけど)。

初めて、ちゃんと部屋作りをしようという気持ちになっている。

私も、少しは自分の暮らしに目が向くようになったらしい。

ということで、ワクワク指数がかなり伸びている。

ネットやら雑誌やらを読み漁って、購入品を珍味中。

 

そうして、まず買ったもの。

 

防犯グッズ(笑)

もっとなんか、可愛いものからいきたかったのだが、古い物件で、インターフォンなどもないので、まずはセキュリティから(ときめきより安心が先!)。

 

これは、ネット情報から購入を決めたものだが、アパートのドアをインターフォン化するものは結構あるものの、どうも「わざわざつけてます!」感があって、逆に危ないのでは?とか色々考えてしまった。

 

f:id:ozamasan:20210913115414j:plain

DONATA

こちらは、外からは防犯しているとはわからないので、とても良い。

が、実はもう販売中止の商品らしい。

(外から見てついているのがわからないっていうのが、もしかして問題になったりしたのかも?)

ということで、メルカリで中古品を購入。

わりと高かった!2万円も出してしまった。

けど、実際設置してみて、外の様子が玄関まで行かずともわかるのはとても助かる。

女性の一人暮らしにはやっぱりモニターは必須かなあ。

 

そして、お次も玄関関係。

スマホを鍵にできるこちらを試してみたい!

ということで、ネットで話題になっている、セサミを購入。

 

f:id:ozamasan:20210913115457j:plain

SESAMI3

セサミは、6000円くらいで、スマホが鍵の変わりになり、さらに、オートロックにもできるという優れもの。

スマホを通して、他の人に鍵を与えることもできるということで、合鍵を作る必要もなし。

その上、自分が開けたのじゃない時に鍵が開いた際も、スマホにお知らせが来るという。これまた防犯にもなる!(この機能は別売りだけど)

こういうスマホを活用した機能、本当に進化しててすごい。

設置は少し手間取った。

鍵のタイプによってつけ方が違うので、いらない部品があったのだが、それがわからなくてしばし格闘してしまった。

でも、とにかく両面テープでくっつけるだけなので、基本的には簡単。

賃貸でも、大丈夫な3Mのテープとのこと。

 

そして、掃除グッズ。

掃除機はかなり悩んで、バルミューダーのかっこいい掃除機とか、ミニマリスト御用達のmakitaとか、スティック掃除機にする予定だったのだが、ロボット掃除機がこの値段で導入できると知って、これしかない!と、即購入。

 

f:id:ozamasan:20210913115538j:plain

anker eufy ロボット掃除機

eufyは、なんと1万円代のロボット掃除機。

ただし、AI機能は備わっていないので、ずっとぐるぐる1時間半かけて掃除するタイプ。

なので、磨き残し?的なことはあるかも・・・でも、まあ、だいたいでもいいかな、と。

 

で、うちには畳があるので、ベッドはやめて布団生活の予定なのだけど、布団もね、湿気たりするし、セカンドハウスだと管理が意外と難しいかな、ということで、やはりミニマリスト御用達のこちらを。

 

f:id:ozamasan:20210913115613j:plain

アイリスオーヤマ エアリーマット

アイリスオーヤマのエアリーマット

ベッドをやめた人はみんなこれを使っているらしい。

フローリングの上に直接これを敷いて寝ても大丈夫とのこと。

私は、畳の上に敷くけれども。

通気性がよく、立てかけて乾燥させることもできるし、丸洗いもOK。

海辺の湿気の多いところにはぴったりのマットレスだと思う。

厚さは5mmを選択。沈み込んで床についちゃう?みたいな感覚はなし。

ただ、これ、結構重い・・・押し入れの上段に入れるのは無理だった・・・。

 

そして、これがまたぜひ欲しかったもの。

ジャーン、ポップインアラジン

 

f:id:ozamasan:20210913122708j:plain

ポップインアラジンSE

いやー、これは本当に素晴らしい発明!

電気をつけるシーリングにはめるだけ!で、照明兼プロジェクターになり、しかもアンドロイド搭載で、ネット配信の作品を映写できる!

これは、買わないという選択肢はない、って感じだろうか。

 

そして、これを映写するためのスクリーンは、ニトリのロールカーテンがよし、というのがもはや定説。

ということで、映写予定の窓にこちらを設置することに。

 

f:id:ozamasan:20210913115800j:plain

ニトリ 遮光ロールカーテン

スクリーンとして使うには、表側ではなく、裏側の真っ白の方を使うのがポイント。

ちょっとたわむけど、まあ許容範囲かな。カーテンとスクリーンになって一石二鳥なのもよし。

 

とりあえず、ここまで設置済み。

まだまだ椅子とかソファとか買わなければならないものが満載なのだが、とりあえずここまで。

なぜか白物家電が後回しに・・・冷蔵庫も洗濯機も未導入。

もしかしたら、導入しないかも・・・。

 

使い勝手などもレビューしたいけれど、それはまた!

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

 

アラフィフ、ちょっと浮気する・・・理想のセカンドハウス

浮気した。

 

もちろん、人ではない。部屋のことである。

 

湘南にセカンドハウスを借りたものの、築30年の木造アパートは甘くなかった(その話はこちら)。

全体に暗いような、なんとなくほこりっぽいような。

キッチンもバスもトイレも、もちろん古い。

広くて窓からの景色が気に入って借りたものの、テンションが下がることも多かった。

 

それで、いいところがあれば引越ししたいという気持ちが大きくなってきて、

ちょっと「いいかも?」と思う部屋があれば、問い合わせしていたのだった。

とはいえ、今の部屋よりも良い条件のところは家賃も上がるし、同じくらいのところでとなると、「ぜひみたい」というところまでの物件はなかった。

 

が、先日、「ここなら?」という物件が見つかった。

家賃はむしろ少し安いくらい。駅からの時間も同程度。

それで築5年の鉄筋マンション。

バストイレ別だし、キッチンはシステムキッチン。

「やっぱり古いところをどうにかするのは私には荷が重かったのかも。よし、新しいところに引越してしまおう!」

と決意して、勇んで内見に向かった。

安心でキレイな部屋だろうと期待したのだが・・・

 

オートロックの入り口には、錆びた自転車が駐輪というより放置(錆びているのは海近物件のせいだとしても、乱雑だった)。

打ちっ放しの建物はスタイリッシュだけど、階段に傘が何本もかけてある。中には壊れているものもあって、雑然とした印象。

そして、部屋に入ると・・・

 

す・す・すさんでいる・・・

クリーニング前ということもあるけれど、トイレもバスも相当な汚れ。

キッチンももうボロボロになっていて、ガタガタ。

よっぽど掃除をしなかったのかな。

お部屋も狭くて、コンクリのせいか、なおさら圧迫感がある。

これは負のオーラしか感じない・・・

あまりにも予想に反していて、がっかりすぎた。

不動産屋さんには「お手間をおかけしました」と言って、その場で解散。

 

それで私は今の部屋に戻り、玄関で土下座した。

「ごめん、浮気しちゃったけど、おかげで君の良さに気がついたよ!」

(人に対しては絶対ダメだけどね、このセリフ笑)

 

この部屋は、古いけど、住人の皆さんがしっかりされているのか、傘が乱雑にかかっているなんてこともないし、そもそも廊下にはなにも出ていない。

部屋も古いわりには清潔感がある。

壁紙もそれなりにシミはあるものの、全体には白さをキープしている。

よくみたら、すごく大切に使われていた物件なんだと再認識した。

多分、前に住んでいた方が、ちゃんと生活している方だったんだろう。

そういう空気感ってやっぱり大きい。

 

それで、改めてこの部屋を愛そうと決意(何度目!笑)。

まず、ダサくて許せなかった焦げ茶色の下駄箱をなんとかすることに。

使い勝手もよくなさそうなので、いっそ、マントルピース的に(?)飾り棚として使うことにした。

カッティングシートを貼って白くしただけで、なんだか部屋が明るく見違えた。

重かった部屋の空気が一気に軽くなった。思った以上の効果があった。

 

f:id:ozamasan:20210912112929j:plain

下駄箱を移動して飾り棚に

こうやって一個一個、気になるところを変えていけばいいのか。

やっぱり手っ取り早く手に入る幸せっていうのはないんだな、と反省。

 

下駄箱リメイクには、貼ってはがせる壁紙を使用。

こちらは紙自体は薄いけど、少しずつ貼っていけばキレイに貼れた。

 

f:id:ozamasan:20210912112951j:plain

カッティングシートで下駄箱リメイク

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

 

映画『子供はわかってあげない』を観て:アラフィフも、わかってあげない

世の中には恋愛論とか結婚論が溢れている。youtubeにも、ブログにも。

例えば・・・

「アラフォーですが、どうしても年収600万円以上の男性と結婚したいです」

といった相談に、わりと成功した男性が、

「無理なので諦めてください。自分の市場価値を知ってください」

といったアドバイスをする。最近よく見かけるQ&Aだ。

 

女性の価値は若さにあり、年齢とともにそれは失われていく。

そして、男性の価値は、安定した職業とその年収である。

世界はそうなっているらしい。

そうなのか? そうなの? 本当に?

と常日頃モヤモヤしていたけど、この映画でスカッとした。

 

沖田修一監督『子供はわかってあげない

agenai-movie.jp

 

上白石萌歌さん主演の青春映画。

もうね、夏の全てが詰まった映画。

なんだか冴えなかった今年の夏が、この映画のおかげで、少し鮮やかになったような気がした。

 

f:id:ozamasan:20210904142459j:plain

ちょっとだけ・・・夏の思い出

 

(以下、少しネタバレ含みます)

 

上白石萌歌さん演じる主人公の女子高生は、真剣になるとなぜか笑ってしまう女の子。

ある夏の日に、突然彼女は、生き別れの父に会いに行くことにする。

今の家庭にはお母さんと、新しいお父さんと弟がいて、それはそれで幸せに暮らしている。

けれど、やっぱり実のお父さんに会いたかったのかな?

会いたいかどうかもよくわからず、彼女は会いに行くことにする。

お母さんにも今の家族にも、なんとなく言えなくて、こっそり、会いにいく。

 

手伝ってくれるのは、気の合う同級生の男の子。

彼女の願いを叶えようと頑張ってくれたり、大丈夫かな?と心配してくれたり。

それはそれは自然に、友達(ちょっと好きな女の子?)を助けてくれる。

 

ところで彼女は、初めて会った父親にすんなり馴染んでしまう。

なんとその父、新興宗教の元教祖で、「見えちゃう」人だというのに。

「見えちゃうとか言ってて、なんかかわいそう」とかと言い、アハハと笑っちゃいながらも、自然に仲良くなっていく。

悪い人は誰もいないし、騙したり騙されたりもない。

恨みとかつらみとかもない。

思えば、何も起こらない映画だ。

 

だけど、いつも真剣になると笑ってしまっていた彼女は、その夏の終わりに・・・

という話だ。

 

おとぎ話のようかもしれない。

当たり前のように、誰もがみんな優しく、お互いに思いやっている。

誰がどんな価値があって、なんの役に立つのか、とか、一体、そんなこと考えたこともないような人たち。

あれ? こんな世界は、やっぱりおとぎ話なんじゃないか。

 

そう、彼女は魔法少女の熱心なファンだ。

そして、実父もこの世のものじゃないものと交信してしまう魔法使いだ。

やっぱりこの映画の世界は、魔法にかかった世界で、おとぎ話なんだろうな。

 

でもさ、でもね。

私は、この映画の世界が好きだった。

たとえその世界が本当にはあろうがなかろうが、その世界が好きだった。

それは、私の自由だよね、と、ただそう思った。

 

そうだ、私も、私だって、大人のことなんて、わかってあげないんだ。

大人のいろんなさ、事情とか欲望とか?わかってあげないんだ!

と思ったら、スカッとした。

 

もう子供じゃなくて、アラフィフだけどね!

 

「いとみち』に続き、父親役は豊川悦司さんでした。

沖田修一作品は初出演かも?

 

ちなみに、沖田監督の下記の作品は、アラフィフ女性におすすめ。

おばちゃん愛が炸裂している、下記の2作品が特に素晴らしいです。

 

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

 

アラフィフ、禁酒する

突然、禁酒することにした。

 

発端は、あっちゃんの動画で、『「そろそろお酒やめようかな」と思ったときに読む本』の紹介を見てからだと思う。

思う、というのも、なんとなくずっと、お酒やめたほうがいいかな〜と、5年、いや10年くらい思い続けているからだ。

 

木之村美穂さんの『RESET STYLE』は、10年前から私の本棚に常にインしており、ヘビロテして読み返している本。

調べたら、ちょうど2012年にamazonで購入していた。

だが10年間、事あるごとに読み返しているのに、結局ほとんど実践できていないのだった・・・。

f:id:ozamasan:20210829211151j:plain

木之村美穂 『RESET STYLE 10年前より元気でキレイになる秘訣』

木之村さんに親近感があるのは、もともとは、大酒飲みで、不摂生で、夜型で、仕事中毒だったということ。

私も、仕事の付き合いを言い訳に、朝まで飲む、深夜にポテチ食べながらビール飲む、気がついたらワイン1本一人で空けてる・・・という生活をしていた。

常にだるおもな体をひきづって長時間労働、そのストレスでまた飲酒、の繰り返し。

アラフィフになった今は、だいぶん酒の付き合いも減ったし、みんな深夜まで飲む体力もなくしてきたこともあって、そこそこの飲酒で済むようにはなったものの、習慣化した飲酒は恐ろしく、人と会わない日でも、自宅でビール1リットルは当たり前、ワインに日本酒に焼酎と、どんどん酒量は増えていった。

コロナ禍、それしか楽しみがないというのもあって、ひとり酒の量はさらに増えた。

 

酒をやめられない理由の一番は、とにかく「習慣」ということだと思う。

ビールを飲まないと仕事が終わった気がしない。

で、1本飲むと、なぜか止まらなくなり、気がつけば缶の数が増えていき、いつの間にか料理用のワインにまで手をつけて、気づけば深夜3時になっている。

立派なアル中の出来上がりである。

 

そして、もう一つは、やっぱり人間関係だ。

酒を飲まなくなったら、面白がられなくなるのではないか。

飲みキャラだから愛されているんじゃないか・・・という思い込みだ。

 

それが、この人で払拭された。

愛沢えみりさん。伝説のキャバ嬢である。

 

YouTubeで知ったのだが、彼女はキャバ嬢なのにお酒を飲めないんだそうだ。

それでも歌舞伎町ナンバーワンだったという。

曰く「飲んだ方が稼げたかもしれないけど、飲まない分元気だし、色々はっきり見えてたりしたから、かえってよかった」。

なるほど〜。お酒の席で飲まないって、意外とアドバンテージかも。

そして、お酒の席で酒を断るのは失礼だと思ってきたけど、キャバ嬢が飲まないでいけるなら、会社の飲み会くらい飲まなくても全然大丈夫なはずだ。

それに、飲み会って、別に誰かが飲んでないのなんて、実は誰も気にしていないのだ。

実際、誰が飲めない人かなんて、覚えてもいない。

 

ということで、禁酒3日目。

木之村さんは、「50歳の時の方が若い時よりもキレイ」とおっしゃっている。

私も、3日禁酒しただけで、睡眠の深さと肌の調子の良さを実感している。

どんなエステよりも、禁煙&禁酒が先かもしれない。

今度こそ、卒酒するぞ!

 

 ☆参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村